読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんじゅうこわい

30歳になるのがこわい

「かため」がやめられない

 年始にこっそりと決めた「今年やりたい100のことリスト」(実際は100も挙げられなかった)に「半年に1度は歯医者に行ってメンテナンスをする」というのを手帳に書いていたので、先日歯医者に行ってきた。

でもその前に、数ヵ月前にも1度歯医者に行っている。そこは設備がきれいだけど意識高い系御用達みたいな歯医者で、通うのは挫折した。

今回は自宅から徒歩1分の歯医者を選んで予約した。
ここは予約が取りやすいし、なにより歩いていけるのが楽で素晴らしい。
 
 

80歳で20本

日本歯科医師会が啓発している8020運動というのはわりと周知されている運動だと思う。
これによると、80歳で20本以上歯が残存していれば、美味しくご飯が食べられるらしい。
私は現在29本の歯があるが、そのうち1本は永久歯が欠損しているせいで乳歯で、もう1本は将来的に抜く予定の親不知なので、実質27本。
あと50年この27本を守り抜いて80歳になってもスルメを食べようと思い立ち、歯医者通いを年始に決心した。
 
 

意識高い系歯医者

冒頭に書いた意識高い系歯医者では独自の歯周病診断基準があるらしく、そこで私は歯周病と診断された。
歯科衛生士は「徹底的に治療をしないと、このままでは歯はどんどん抜けていく」と言った。
しかし、ここの治療プログラムは費用約20万で週1くらいの頻度で通わなければならないらしい。
「すごく厳しい治療プログラムなので1度おうちに帰って検討してください」と言われたので、潔く引き下がってきた。
私は歯に20万払うなら乳歯を抜いてインプラントを入れるか、奥歯の銀の詰め物をセラミックに変えたい。
 
費用が高額でしかも週1なんてどんな層がそんなプログラムを受けるのか皆目見当がつかない。
時間もお金ももて余しているセレブマダムとか?
フリーランスの仕事をしてて時間に都合がつく人?
社長?
そんな層はこの片田舎ではごくわずかじゃなかろうか。
終始態度の悪い歯科衛生士に対応されて、歯科医師が出てこなかったのも不信感が募った。
きっと社畜お断りなんだろう。
 

ゆる歯医者

意識高い系歯医者で歯周病と診断されてしまったのでここ数ヵ月不安を抱えながら暮らしいていた。
私は社畜なので会社の健康診断で歯科検診を年1回受けている。
そこでは「綺麗な歯、歯茎ですね」と毎回褒められているのに、歯周病と診断されたことに納得がいかなかった。
なので、近所の歯医者でもう一度診てもらおう、そこで歯周病と言われたら治療してもらおう、と思った。
思い付きで予約の電話をいれたら、その週の土曜日がすぐ取れたことに感動した。前の歯医者は1ヶ月くらいかかったのに。
 
レントゲン、歯周ポケットの検査、染色して歯磨きチェックする等々一通り検査をしてもらい、ついでに歯のクリーニングもしてもらった。
ここでは歯周病と診断されることはなく、むしろ「歯磨きすごくお上手ですね、歯並びもきれいです。」 と褒められ、安心したのと同時にすごく気分がよくなった。
今更ながら私は褒められた方が伸びるタイプだと自覚した。
こちらでも終始歯科衛生士の対応だけだったのだけれども、前述の歯科衛生士よりも可愛い人だったのも印象が良かった。
私は人を見かけで判断する人間であることも自覚した。
全体的にこちらの歯医者はゆるっとした雰囲気で、私の性格に合っていると思った。
意識高い系歯医者は電話対応も受付対応もかなりきっちりしてたけど、わたしには合わないなぁと思った。
 
 

歯ブラシかため禁止令

ゆる歯医者でひとつだけ苦言を呈された。
「歯ブラシは柔らかいものを使ってください。」
私はひとりぐらしをはじめて11年目になるが、その間ずっとかための歯ブラシを愛用している。
実家に住んでいた頃は、母が買ってきた普通の歯ブラシを使用していたが、ひとりぐらしをするようになってからいつのまにかかため愛好者になっていた。
かためでわしゃわしゃ歯磨きすると「磨いた!!!!感」が非常に強く、普通ややわらかめにはない爽快感が得られる。
 
しかし、長年のかため使用により私の歯茎は削れてしまっている部分があるようで、かわいい衛生士さんからやわらかめをすすめられてしまった。
1度削れた歯茎は再生しにくいそうなので、これを機にかためと決別しようと思う。
 
私はソニッケアのハイエンドモデルであるダイアモンドクリーンを持っているにもかかわらず、最近はかための歯ブラシばかり使用していた。
宝の持ち腐れ。
今あるかためは洗面所の掃除用に回し、今後はダイアモンドクリーンを使おうと思う。
 
ただし、
磨いたあとの爽快感は
かため>>ダイアモンドクリーン>>>ふつう、やわらかめ
であることは私のなかで揺るがない事実だ。
いっそ世の中からかための歯ブラシが一掃されれば良いのにと思う。
歯ブラシメーカーがかためを販売中止にしてくれれば諦めもつくのに。
この記事を読んでいる人のなかで、かためユーザーの人がいるなら、私のように歯茎を削らないように、加減しながらかためライフを楽しんでほしい。
でも加減したんじゃかための魅力も半減だけども。
 
 

まとめ

80歳まで生きられるかはわからないけど、私は今後の50年と9ヶ月はダイアモンドクリーン、やわらかめと共に生きていこうと思う。
そして、8020でスルメを達成した暁には、自分へのごほうびとしてかための歯ブラシをまた使おうと思う。