読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんじゅうこわい

30歳になるのがこわい

匂い

先日仕事で嫌なことがあったときに、「あー辛いなー、帰りたいなー」と思ってたところ、会社の先輩からホワイトデーのお返しとして貰っていたSAVONのソリッドソープが目に止まった。

3月からずっと営業車に積みっぱなしにしていた。

 

パチュリ、ラベンダー、バニラのもの。

Solid Soaps :: Palm Oil Soap - SABON(思ったより高かったのでびっくり)

香りを嗅いでみたところ、ちょっとだけリラックスできてストレスが緩和されたような気がした。

 

個人的にアロマセラピーは気休めであると思っていた。

マッサージやエステを受けるとき、「好きな香り選んでください。~の香りはリフレッシュ効果が、~の香りは安眠の効果がうんぬん」みたいな説明をされるが、「香りによって効果が得られた!」と感じたことは一度もなかったので。

 

アロマセラピーが身体に影響を与えるメカニズムには2通りあるらしい。

1.嗅覚器から脳へ伝わる経路
香りは鼻の嗅上皮にある多数の嗅細胞で受容されて電気的信号(インパルス)に変換され、嗅神経を通って脳に送られます。
香りは嗅覚刺激としてその情報が嗅細胞から脳に送られているのです。


2.皮膚からの経路
精油成分は分子構造が小さく、また親油性であるため、皮膚に浸透します。
精油成分の種類によっては、浸透した皮膚内で保湿成分を補ったり、ひきしめなどの働きをします。 

(公社) 日本アロマ環境協会 | アロマを知る | アロマテラピーとは | アロマテラピーのメカニズム

「香りを嗅いでリラックスした」というのは1の嗅覚器から脳へ伝わる経路。

パチュリ、ラベンダー、バニラの香りが私の脳へ電気的信号として伝わり、リラックス効果を発揮している。

 

営業車の中のが常にソリッドソープの香りだったら幸せなのにと思ったけど、普通は嗅覚疲労でずっと同じ匂いの中にいるとその匂いは数分で感じなくなる。

常に香りを感知してるとそれはそれでストレスになるのかな。

 

どうでもいいけど、学生の頃香料会社にロマンを感じてて、就職したいと思っていた時期があった。

フレーバリストとかパフューマーとか。ネーミングがかっこいい。

今思うと香料会社の営業とか楽しそうだなー。

誰かコネあったら紹介してください!